Introduction

BY NOBUHIKO AKIYOSHI
galrie a director

今回は「オブセッション展」というタイトルを付けさせていただきました。チクチク手縫いでやってるオブセッションではなく、モティーフの表情や姿勢の表現に対してのオブセッシブな彼の拘りみたいのが出ています。顔の表情が気に入らない、ちょっとおかしい、ちょっと違う、自分の思い通りじゃないとか、ちょっとした姿勢がなんとなく違うということで、頭をとって付け直す、手をとって付け直す、姿勢が変わっていくとか、それを何度もやり直す。付け足されたり削ぎ落とされたりしながら、完成形に近づいていくんですけど、そこの半端じゃない拘りを見てほしくて、オブセッション展とさせていただきました。衣田さんの物づくりのアプローチは、彫刻的であることが一番の特長だと思います。所謂、人形なんですが、おつつみ的な人形とは一線を画します。まず布をギチギチに固めた地を作ることにより、ベースを成形し、そこから削ぎ落としたり、付け足したりしながら、体勢や表情、質感、ボリューム感みたいなものをコントロールしていくのが、彫刻のアプローチに近いと思っています。大きく固い布の塊から、モティーフが持つ、彼の求める表情や、ちょっとした仕草を切り取った瞬間みたいなものを見出していく。衣田さんの頭の中にだけある表情とかその瞬間瞬間の切り取り方っていうのが、衣田作品の一番の特長かなと思います。

About

1974年奈良県生まれ。キノコ学者を父に持ち、幼少の頃から動植物や昆虫などに強い興味を持つ。1993年より作品の制作を開始。ファッションブランドとコミッション契約し制作を請ける。2020年、コロナ禍で立ち止まった。自分の表現したいものは作れているのか?2021年、13年ぶりに自身の名前で作品発表を行う。 父譲りの観察力をもとに、布を用いてオールハンドメイドで数々の動物を創り出す。一口に布といっても、尾州のスーツ地のマス見本素材からアンティークリネン生地に至るまで、小さなはぎれをつなぎ合わせ、本物さながらの驚くような躍動感を表現する。瞬間を切り取った猫、眼光の鋭い梟、そして不思議な魅力を感じるウサギなど… その作品の数々は、誰もが子供のころに感じた動物の不思議な魅力と、衣田が最も大事にする、何とも言えない表情を持つ”布の彫刻”である。現在は、当ギャラリーにて新作を発表しながら、国内各地で作品を展開中。
Interview

Inspiration

In his notebook
新しい創作が始まるとき、彼はMOLESKINのノートを一冊買う。そこにインスピレーションの欠片を閉じ込めて、完成への地図を描く。新聞記事の切り抜き、ミュージシャンの写真、アニメキャラクター、ドローイング、詩、空想の生き物、図鑑の様に記録した生物模写、布の端切れ、作品の設計図など。
           
           

       

About ObsessionMasayuki KInuta × Nobuhiko Akiyoshi

WORKS

     
   

Open Gallery

       
下記日程で作品をご覧いただけます。ご来場をお待ちしております。
※アポイントメントは不要です。
Open gallery
2021.10.29 FRI - 11.7 SUN12:00 - 19:00
Adress
東京都渋谷区神宮前3-36-26
ヴィラ内川101号室

※  ご来廊の際には、必ずマスクの着用、咳エチケットにご協力ください。
エントランスで、アルコール除菌液にて手指の除菌をしてください。
スタッフはマスクを着用して接客をさせていただきます。

Credit

Gallery Direction
Nobuhiko Akiyoshi
Contributors
Yusuke Shiki
Roca Onishi
Masakado Nishibayashi
Hiroki Osuka
Kazusa Hagiwara
Shinwoo Lee
Shoko Akiyoshi