galerle a

ARTIST

  • Instagram
    Daisuke
    Motoiketaupe D.Motoike / Daisuke Motoike
    革職人の家に生まれ、物心つく頃には革に触れ、遊び、生活の全てで革と向き合う日々を経て、家業として革職人になるべく幼き頃より父親のアトリエに入り、厳しい修行時代を過ごす。革の持つ素材としての可能性を探求し、革に構う日々を経て、青年期にはフィレンツェの工房にて修行期間を持ち、革だけでなく地金や彫金といったマテリアルでの物作りに没頭しながら、あくまでも革細工師が作るジュエリーとは何かについて研鑽する日々を過ごす。帰国後は家業の生業をブランド化し、そのブランドを代表するクラフツマンとして目覚ましい実績を残す。20年余にわたる家業のブランドを代表するクラフツマンとして期間を経て、本池大介個人として独立し、Craftsmanshipを超えたところにあるArtisanとは何かを表現するべく、あらゆる天然素材に向き合い、material / matièreに拘り抜くプライベートブランドとして、taupe D.Motoikeを立ち上げた。また、より作品性の強いアーティスト/作家としてのクリエイティブな表現に関しては、Motoike Daisuke名義の元、taupe D.Motoikeとは異なるアプローチにて発表していく。
  • Instagram
    Laurant
    StephanACCALMIE
    レコールデゴブラン(パリ)写真科で学んだ後、パリで10年間ファッションフォトグラフィーの世界で現像士、コンピューターグラフィックデザイナーとして多くの著名フォトグラファーと仕事したのち、モード、イメージの世界から離れ、パリ6区にあるグレゴアーフェランディ(現在の名称はラファブリック)校の、セリエ-マロキネリ課で学ぶ。卒業と同時に、メゾンエルメスに入社。クロコダイルとトカゲ類の革の裁断とバイイングのポストを兼任し8年間ここに身をおいたのち2015年に退社。同年、自身のブランドACCALMIEを立ち上げる。
  • Instagram
    Masayuki
    Kinuta
    1974年奈良県生まれ。キノコ学者を父に持ち、幼少のころから動物や昆虫に強い関心を持つ。十代から絵画の制作をはじめ、その傍ら音楽活動も開始。平面表現に行き詰まりを感じていた時に、着ることがなくなったデニムの端切れを用いてヌイグルミの制作を始める。